このページを印刷するやまねっとロゴマーク

順番:130

北杜市子ども・子育て支援事業計画

すべての子どもたちが、笑顔で成長していくために。
すべての家庭が安心して子育てでき、育てるよろこびを感じられるために。
「子ども・子育て支援新制度」がスタートします。


『子ども・子育て支援新制度』ってどんな制度?

 子ども・子育てをめぐる様々な課題を解決するために、「子ども・子育て支援法」ほか関連する法律が、平成24年8月に成立しました。
 これを「子ども・子育て関連3法」といいます。

 「子ども・子育て支援法」等の基づいて、幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援の量の拡充や質の向上を進めていく「子ども・子育て支援新制度」が、平成27年4月にスタートします。

 この新制度を運営するために、消費税が10%になった増収分から、毎年7,000億円程度が充てられることになっています。

 新しい制度では、次のようなことを進めていきます。
  1.質の高い幼児期の学校教育・保育を総合的に提供できること
  2.地域のニーズに応じた多様な子育て支援を充実させることができること
  3.地域の多様な保育ニーズに対応できること

 ≫「子ども・子育て支援新制度」(内閣府ホームページ)
 ≫「子ども・子育て関連3法」(内閣府ホームページ)
 ≫「子ども・子育て支援新制度 なるほどBOOK(9月改訂版)」(内閣府ホームページ)


子ども・子育て支援新制度のココがポイント

 この新しい制度は、皆さんにとって、もっとも身近な市町村が中心になって進めていきます。
 進めるにあたっては、地域の子育て家庭の状況や、子育て支援へのニーズをしっかりと把握して、様々な施設・事業など支援のメニューの中から、地域に合ったものを計画的に整備し、実施していきます。
 次にご紹介するこの制度の“ポイント”は一般的なものです。市では、これらの中から北杜市に合った制度設計をしていきます。

教育と保育の場が増えます

 これまでは、小学校就学前の施設としては、保育園や幼稚園が利用されていました。新制度では、保育園と幼稚園に加えて、両方の良さを併せ持つ「認定こども園」を創設することができます。
 また、新たに、少人数の子どもを保育する事業を創設することができるようになり、身近な保育の場を確保できます。
 これらを設置するには、良質な教育と保育を提供するという観点から、設置主体の制限や都道府県等の認可が必要になります。


地域の子育て支援の充実

 新制度は、共働き家庭だけでなく、すべての子育て家庭を支援する仕組みです。
 身近なところで子育て相談などができる「地域子育て支援拠点事業」(つどいの広場・地域子育て支援センター)など、地域の様々な子育て支援を充実していきます。

事業名 事業概要
利用者支援事業 子ども又はその保護者の身近な場所で、教育・保育施設や地域の子育て支援事業等の情報提供及び必要に応じ相談・助言等を行うとともに、関係機関との連絡調整等を実施する事業
地域子育て支援拠点事業 乳幼児及びその保護者が相互の交流を行う場所を開設し、子育てについての相談、情報の提供、助言その他の援助を行う事業
妊婦健康診査 妊婦に対する健康診査を実施するとともに、妊娠期間中の適時に必要に応じた医学的検査を実施する事業
乳幼児家庭全戸訪問事業 生後4か月までの乳児のいるすべての家庭を訪問し、子育てに関する情報提供や養育環境等の把握を行う事業
養育支援訪問事業 養育支援が特に必要な家庭に対して、その居宅を訪問し、養育に関する指導・助言等を行うことにより、当該家庭の適切な養育の実施を確保する事業
子育て短期支援事業 保護者の疾病等の理由により家庭において養育を受けることが一時的に困難となった児童について、児童養護施設等に入所させ、必要な保護を行う事業
ファミリー・サポート・センター事業 乳幼児や小学生等の児童を有する子育て中の保護者を会員として、児童の預かり等の援助を受けることを希望する者と当該援助を行うことを希望する者との相互援助活動に関する連絡・調整を行う事業
一時預かり事業 家庭において保育を受けることが一時的に困難になった乳幼児について、主に昼間において、認定こども園、幼稚園、保育所、地域子育て支援拠点その他の場所において、一時的に預かり、必要な保護を行う事業
延長保育事業 保育認定を受けた子どもについて、通常の利用日及び利用時間外の日及び時間において、認定こども園、保育所等において保育を実施する事業
病児保育事業 病児について、病院・保育所等に付設された専用スペース等において、看護師等が一時的に保育する事業
放課後児童クラブ(放課後児童健全育成事業) 保護者が労働等により昼間家庭にいない小学校に就学している児童に対し、授業の終了後に小学校の余裕教室、児童館等を利用して適切な遊び及び生活の場を与えて、その健全な育成を図る事業
実費徴収にかかる補足給付を行う事業 保護者の世帯所得等を勘案して、特定教育・保育施設等に対して保護者が支払うべき日用品、文房具その他の教育・保育に必要な物品の購入に要する費用又は行事への参加に要する費用等を助成する事業
多様な主体が本制度に参入することを促進するための事業 特定教育・保育施設等への民間事業者の参入の促進に関する調査研究その他多様な事業者の能力をっ活用した特定教育・保育施設等の設置又は運営を促進するための事業

新制度の利用の流れ

 施設などの利用を希望する保護者の方に、利用のための認定を受けていただきます。

 新制度では3つの区分の認定に応じて、施設などの利用先が決まっていきます。
 具体的な手続きの方法等については、決まり次第、情報提供をしていきます。


 3つの認定区分
認定区分 1号認定 2号認定 3号認定
教育標準時間認定 満3歳以上・保育認定 満3歳未満・保育認定
利用希望 お子さまが3歳以上で、教育を希望される場合 お子さまが満3際以上で「保育の必要な理由」に該当し、保育所等での保育を希望される場合 お子さまが満3歳未満で、「保育の必要な理由」に該当し、保育所等での保育を希望される場合
利用先 幼稚園・認定こども園 保育所・認定こども園 保育所・認定こども園・地域型保育
 利用にかかる保育料は、保護者の所得に応じた支払いが基本

 新制度の様々な支援にかかる保育料の額は、現行の負担水準や保護者の所得に応じて、国が定める基準を上限として、市町村が地域の実際の状況に応じて定めます。

 契約・支払先

○認定こども園・幼稚園・公立保育所・地域型保育を利用する場合
  利用者は、施設・事業者と契約し、
  保育料を施設・事業者(公立保育所の場合は市町村)へ支払います。

○私立保育所を利用する場合
  利用者は、市町村と契約し、保育料を市町村へ支払います。

「保育の必要性」の認定

 保育所などでの保育を希望する場合は、保育の必要な事由に該当することが必要です。
 保育所などでの保育を希望される場合の保育認定(2号認定、3号認定)にあたっては、以下の3点が考慮されます。

 @ 保育を必要とする事由(次のいずれかに該当することが必要です)

 □就労(フルタイムのほか、パートタイムなど基本的にすべての就労を含む)
 □妊娠、出産
 □保護者の疾病、障害
 □同居又は長期入院等している親族の介護・看護
 □災害復旧
 □求職活動(起業準備含む)
 □就学(職業訓練校等における職業訓練含む)
 □虐待やDVのおそれがあること
 □育児休業取得中に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること
 □その他、上記に類する状態として市町村が認める場合
 ※同居の親族の方が子どもを保育することができる場合、利用の優先度が調整される場合があります。

 A 保育の必要量

a.「保育標準時間」利用 ≫フルタイム就労を想定した利用時間
b.「保育短時間」利用  ≫パートタイム就労を想定した利用時間


 B 「優先利用」への該当の有無

 ひとり親家庭、生活保護世帯、生計中心者の失業、お子さんに障害がある場合などには、保育の優先的な利用が必要と判断される場合があります。


※具体的な運用については、現在検討中です。


北杜市の取組

 新制度では、子どもの健やかな成長のために適切な環境が等しく確保されるよう、子ども及びその保護者に必要な支援を総合的かつ計画的に行うこととされています。

 北杜市においても、子育て中の保護者の皆さまのニーズ等を十分に把握するとともに、子育て支援にかかわる多くのかたのご意見をお聞かせいただきながら、「北杜市子ども・子育て支援事業計画(仮称)」の策定に取り組んでいます。

「北杜市子ども・子育て支援事業計画(仮称)」

 新制度では、様々な子ども・子育て家庭の状況と事業等での利用状況・利用希望を把握して、5年を1期とする子ども・子育て支援事業計画を策定し、計画的に事業等を実施・整備することになります。

 北杜市では、次世代育成支援対策推進法に基づき策定している「北杜市次世代育成支援行動計画」の基本理念である「子どもの声が響くまち−北杜」を継承した計画としていく予定です。

北杜市子ども・子育て会議

 『北杜市子ども・子育て会議』は、子ども・子育て支援新制度を計画的に進めるために必要な事項を調査・審議するための機関です。

 北杜市が、どのように子ども・子育て支援に取り組んでいくのかについて、福祉関係者、保護者、市内の事業主、教育・保育関係者、有識者など多くの皆さまと一緒に考える場です。
 北杜市子ども・子育て会議は、平成25年6月に設置しました。
  ≫『北杜市子ども・子育て会議条例 PDFファイル (98KB)

 この会議では、以下の事項の調査・審議を行います。
  1.特定教育・保育施設の利用定員の設定に関すること
  2.特定地域型保育事業の利用定員の設定に関すること
  3.子ども・子育て支援事業計画の策定又は変更に関すること
  4.子ども・子育て支援に関する施策の総合的かつ計画的な推進に関し
    必要な事項及び当該施設の実施状況に関すること
  5.その他子ども・子育て支援に関し必要な事項に関すること

 ≫会議の開催についてはこちら(北杜市ホームページ)

皆さまのお声をお聞かせください

 市では、子ども・子育て支援新制度のスタートに向けて、「北杜市子ども・子育て支援事業計画(仮称)」の策定を進めています。
 この計画の策定にあたっては、北杜市子ども・子育て会議で調査審議いただくほか、多くの市民の皆さまからご意見をお伺いし、可能な限り計画に反映をさせていきたいと考えております。
 北杜市らしい子育てができるよう、“子育て”について一緒に考えてみませんか。


【終了:ご協力ありがとうございました】北杜市ファミリー・サポート・センター交流会のお知らせ

 北杜市ファミリー・サポート・センターでは、会員同士の交流や多くの方にファミサポを知っていただくために、下記日程で交流会を開催します。
 交流会は、子ども・子育て支援新制度を知っていただいたり、皆さまからご意見を聞かせていただく機会でもあります。
 多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

  ○開催日  平成26年7月17日(木)
  ○時 間  午後10時00分〜
  ○場 所  須玉ふれあい館
  ○内 容  おはなしの会・手遊び、子ども・子育て支援新制度について意見交換

【終了:ご協力ありがとうございました】グループインタビュー開催のお知らせ

 北杜市では、子育てをしている皆さまの声を、この新しい制度に反映し、子育てにやさしく、子育てしやすいまちづくりを一層進めていくために、平成25年12月にニーズ調査を行いました。
 さらに、子育て真っ最中の保護者の皆さまからご意見を、直接、お聞かせいただきたいと思いますので、下記日程でグループインタビューを開催いたします。
 北杜市の子育てについて、一緒に考えてみませんか。

  ○開催日  平成26年6月27日(金)
  ○時 間  午後1時30分〜
  ○場 所  ひよこルーム 和室
  ○対象者  北杜市在住の乳幼児の保護者

 ≫グループインタビュー当日の様子はこちら(外部リンク)

【終了:ご協力ありがとうございました】 『子育て支援ニーズ調査』のお願い

 この調査は、北杜市の子育て支援を計画的に運営していくために、市内で子育てをしている皆さんの希望をお伺いするものです。
 調査結果は、保育園のあり方や、小学生の放課後の過ごし方などを検討するための資料となります。

 <調査の種類>
   (1)就学前児童調査
   (2)小学生調査
 <抽出方法>
   悉皆調査
   (ただし、多子世帯の場合は、負担軽減の観点から、最大で就学前児童調査票
     及び小学生調査票が1枚づつとなるように調整)
 <対象世帯数>
   (1)就学前児童調査 1,334世帯
   (2)小学生調査 1,615世帯
     合計 2,948世帯
 <調査実施時期>
   平成25年12月18日〜 対象世帯あて郵送
   平成25年12月30日  調査回答期限(郵送による回収)
 <調査回収状況>
   (1)就学前児童調査 回収数555件(回収率41.6%)
   (2)小学生調査 回収数649件(回収率40.2%)
     合計 回収数1,204件(回収率40.8%)

 ⇒ニーズ調査へのご協力ありがとうございました。
  現在、調査結果は北杜市子ども・子育て会議でご審議いただいております。

【終了】子ども・子育て支援事業計画策定業務に係るプロポーザルの実施について

⇒プロポーザル参加申込書の提出は終了しました。

この情報に関するお問い合わせ先はこちらです。
北杜市役所 子育て支援課 TEL0551-42-1332
知りたい教えて!

ページトップへ

×このウィンドウを閉じる