このページを印刷するやまねっとロゴマーク

順番:020

事故例とその対応

乳児期(0歳〜1歳頃) > 子どもの事故防止と応急処置

頭を打ったとき

コブの場合
20分ほどタオルの上から氷のうなどで冷やして様子を見ましょう。
出血している場合
清潔なタオルやガーゼなどで、出血している部分を上からしっかり圧迫して受診しましょう。

頭を打った後、2日程度は普段と変わったところがないか、注意して観察しましょう。

やけどをしたとき

やけどの深さの分類は次のとおりです。

第1度 皮膚の表面が赤くなっていて、水ぶくれ(水泡)にはならない程度
第2度 水ぶくれができているような状態
第3度 皮下組織まで達するやけどで、皮膚が黒く焦げたり、白くなっている状態

 乳幼児の場合、スイッチを入れたままのカーペットや使い捨てカイロなどでも低温やけどになることがあります。

家庭でできることはしっかり冷やすことです。
第1〜2度の場合は、出しっぱなしの水道水や氷水で30分冷やしましょう。

手足の場合
出しっぱなしの水道水で冷やします。患部に勢いよく水をあてると水ぶくれを破ってしまったり、冷たすぎて長時間冷やせないので、洗面器に受けるなどして、水の勢いを弱めて冷やすようにしましょう。
顔や頭の場合
シャワーや水に濡れたタオルで冷やします。鼻や口の周辺で呼吸しづらい場所のときには、こまめに冷えたタオルを取り替えながら冷やしましょう。
全身・広範囲の場合
衣服を脱がせずに冷やします。(皮膚がはがれてしまう危険性があります)濡れたバスタオルで包み、その上から毛布をかけてくるみ、急いで病院を受診してください。

民間療法(アロエを塗るなど)を行うことはやめましょう。
水ぶくれが破れると、菌が入り化膿する恐れがあります。破らないように清潔にしておきましょう。減菌済のガーゼをあて、包帯でくるむとよいでしょう。

誤飲・誤食をしたとき

受診するまでに家庭でも行うことができる応急措置は次のとおりです。

水を飲ませる 牛乳を飲ませる 吐かせる
タバコ 葉・吸い殻 × ×
タバコを浸した溶液
強酸又は強アルカリ(洗浄剤、漂白剤等) ×
医薬品
石油製品(灯油、マニキュア、除光液等) × × ×
芳香剤、消臭剤
防虫剤(ナフタリン等) ×
香水・ヘアトニック
ボタン電池 × × ×

※吐かせ方
 異物が口の中に見えるときは、人差し指をほおの内側に沿って差し入れ、詰まっているものをかき出します。あわてて、のどの奥に押し込まないように注意してください。
 応急措置は速やかに行いましょう。
 自宅で応急措置ができない時や応急措置の方法がわからないときは、病院に電話して速やかに受診しましょう。(特に医薬品を含む化学物質は時間が経過するほど処置の効果が出にくくなります。)

応急措置に関する問い合わせ先

(財)日本中毒情報センター
つくば中毒110番 TEL 029-852-9999 9時〜21時 
大阪中毒110番  TEL 072-727-2499 24時間対応
タバコ専用電話  TEL 072-726-9922 24時間対応

関連ページ

市内の医療機関

やまなし医療ネット

子どもの事故防止と応急処置

ページトップへ

×このウィンドウを閉じる